総務省報道発表、ブロードバンド契約者は約2,143万契約という記事より。

総務省は、2005年9月末現在の「ブロードバンド契約者等の推移」を発表した。FTTH、DSL、CATV、FWAを合計したブロードバンド契約者数の合計は2,142万7,707契約であった。

2005年3月末からFTTHの純増が、DSLの純増を抜いている状態が続いているということで、インターネットするならFTTHという時代になりつつあるようです。もちろん合計ではDSLが圧倒的なんですけどね。

サービス別の加入者数では、FTTHが3カ月で56万8,089契約増の397万8.529契約で400万契約突破が目前となった。また、DSLが22万3,253契約増の1,430万5,521契約となり、純増ではFTTHがDSLを上回る結果が2005年3月末より続いている。

FTTHも400万契約です。うちはADSLで特に問題がないので、FTTHへの乗り換え希望はないのですが、電話や携帯電話など他のサービスとの組み合わせで乗り換えもあるかもしれません。

■関連記事

ブロードバンド契約数は2143万、FTTHだけでも400万間近-総務省が発表

2005年6月末時点のブロードバンドサービス契約数が合計で2058万契約だったことから、85万契約の増加となる。

FTTHの伸び、ADSLの2倍以上に

「ブロードバンドの主役がADSLからFTTHに一気に移行していく」