投稿作品に報酬を支払うビデオサイトという記事より。

新興企業の米レバー(Revver)社は10月31日(米国時間)、投稿ビデオに広告を付けてオンラインで配信し、視聴された回数に応じて報酬を支払うサービス(ベータ版)を開始した。

「ビデオに広告とタグを追加し、タグで視聴回数を集計する仕組み」だそうで、専用ツールでビデオをアップロードすると、最後に広告とレブタグが追加されるということです。

このレブタグで視聴状況を追跡し、回数、効果に基づいて広告主から広告料が支払われるということです。話題になり、たくさん視聴されればそれだけ多くの収入が得られます。

レブタグはポッドキャストにも対応しており、投稿されたすべてのビデオは、米アップルコンピュータ社の『iTunes』から視聴できるようにする。

これはなかなか面白い仕組みですね。ビデオ版のGoogle AdSenseのような存在になれるでしょうか。