ブロードバンド契約数が2,000万目前に。FTTHの純増が初めてDSLを上回るという記事より。

総務省は、2005年3月末現在の「ブロードバンド契約者等の推移」を発表した。FTTH、DSL、CATV、FWAを合計したブロードバンド契約者数の合計は約1,951万契約で、2,000万契約の突破が目前となった。

ブロードバンド利用者だけで2,000万契約目前ですか。「契約者5万以上のプロバイダー36事業者を合計したインターネット接続サービスの契約者数」は約2,969万契約ということなので、契約数で言えば2/3がブロードバンドを利用していることになります。

純増数で見ればFTTHがDSLを上回り、FTTHの時代到来の感じです。ただし、契約数の合計はFTTHが285万2,205契約、DSLが1,367万5,840契約で大きな開きはありますが。

ちなみに、最近話題の公衆無線LANの加入者数は11万7,307契約ということで、ライブドア「D-cubic」などが開始されてどのくらい動きがあるのか楽しみです。