国内レコード会社5社、違法ファイル交換ユーザー5人と和解という記事より。

日本レコード協会の会員企業では、2004年から違法ファイル交換ユーザー合計44人の身元を開示するよう「プロバイダ責任制限法」第4条第1項に基づきISP13社に要求していた。ISPが情報開示した違法ファイル交換ユーザーとの交渉も始まっており、今回はそのうち5人の違法ユーザーとの和解となった。

音楽ファイルを不正に公開していた個人ユーザが、レコード会社に損害賠償金を支払って和解したというニュースです。

一人あたりの和解金額は平均して48万円ということで、決して安くはありませんが、これは反省を評価してのもので、悪質なものに関してはより厳しい措置をとるとコメントしています。各ユーザからは謝罪の言葉が述べられ、誓約書が提出されたそうです。

ISPから身元開示されたのは9人で、現在のところ8人に交渉を申し入れ、5人と若いすることになりましたが、和解できない場合には民事訴訟を起こすとしています。