NTT電話加入権を買い取ってくれる平成電電の「CHOKKA」 気になる加入権の買い取り価格は?という記事がありました。

筆者宅で利用していたNTTの固定電話を平成電電の直収電話サービス「CHOKKA」へと切り替えた。その使い心地と、気になる加入権の買い取り価格がいくらだったのかを紹介しよう。

ほとんど使用しないとは言え、NTTのアナログ回線を無くすというのはなかなかできないのですが、平成電電が買い取りをしてくれる今がチャンスなのでしょうか。

「もはや「電話=NTT」という絶対的な式が成り立つ時代ではなくなりつつあるのかもしれない」という一節が、現在の状況を物語ります。

やはり「CHOKKA」への変更には、音質など様々な不安があるのですが、筆者によれば「いざ開通してみると何ということはない」そうです。全く持って普通の電話で、開通してからの2ヶ月は普通に使えているそうです。

しかし、全くNTTと同様かというとそうではなく、0077から始まる電話番号にかけられないなどの問題はあるとのこと。この辺はあらかじめ了承してサービスに加入する必要がありますから、こうした手間が面倒な人は、引き続きNTTでということになります。

そして気になる買い取り金額ですが、最終的に19,946円(手数料を引いた振込金額)だったそうです。通話料なども加味して計算されるようで、最大で36,000円での買い取りになります。「CHOKKA」にする最大の魅力はこの買い取りにあります。

ただし、買取りを申し込んだ場合、3年未満で解約すると残余期間分の基本料金を一括で請求されるので注意が必要だ。

こうした注意点もあります。

我が家は、と考えると、やはりかけられない電話番号があること、3年以上の縛りがあることを考えると、今すぐに「CHOKKA」にという訳にはいかなそうです。