USEN、無料のブロードバンド放送「GyaO」。1,000万の会員獲得を目指すという記事。

USENは、4月25日より無料のブロードバンド放送サービス「GyaO」を開始する。USENの運営するサービス以外のユーザーでも視聴が可能で、早期に500番組の配信を計画、1,000万の会員獲得を目指す。これに先立ち、4月6日からはGyaOの試験放送が開始される。

GyaOとは「アイスランド語で、地球上のすべての大地が生まれる地球の裂け目を意味する」という意味だそうです。
 
エイベックス・グループ・ホールディングスへの資本参加、ギャガ・コミュニケーションズの連結子会社といったコンテンツ強化を活かし、ストリーミング形式を中心にオンデマンド視聴できるブロードバンド放送サービスだそうです。

広告出稿側はテレビ視聴の時間の少ない層に対して広告展開が可能なほか、視聴者データベースや視聴ログによる効果測定をマーケティングとして利用できる。コンテンツ事業者についても、全国の視聴者への露出や正確な視聴者数のデータ分類などが可能になるため、カテゴリに合った特定の視聴者へコンテンツを配信することが可能になるとのメリットを挙げている。

「初期登録時に年齢や性別、メールアドレスなどを登録することでコンテンツを無料で視聴できる」そうです。再生にはWindows Media Player 9が必要。「サービス開始から早期に500番組の配信を実現する予定」だそうで、全てはここのかかっているのでしょうね。

どのくらいの会員数がいたら、ビジネスとして回り出すんでしょうか。

GyaO(ギャオ)

■関連記事

USENが無料ブロードバンド放送を開始,ISPフリーで視聴可能

コンテンツの種類は,映画,ドラマ,音楽,アイドル・グラビア,バラエティー,アニメ,ニュースなど。「最新の映画も配信する予定で,コンテンツの内容で他社のブロードバンド放送と差別化できる」(USEN広報部)。さらに,コンテンツの拡充を目指して,テレビ局とも協議を重ねているという。

USEN、ISPフリーの無料ブロードバンド放送「GyaO」を開始

開始当初はCMを収入源とする地上波テレビ局と同様のビジネスモデルだが、テレビ各局とは競合関係をとらない方針。「テレビ局の有するコンテンツを活用するなど、広範な協調関係を築く協議を行っている」(同社)。