FTTHの「占有型」と「共有型」って何が違うの?という記事がありました。

FTTHには、TEPCOひかりやBフレッツ ベーシックタイプといった「占有型」と、Bフレッツ・ニューファミリータイプのような「共有型」の2種類のサービスが存在します。占有型と共有型の違いはどこにあるのでしょうか?

こういうのって、なんとなく分かったつもりになっていて、きちんと説明できない場合もあったりするので、ちらっと見ておくと良かったりします。「占有型と共有型の違いは、自宅から収容ビルまでの間のアクセスラインをどのように利用するか」だそうです。

・占有型のFTTHは、自宅から収容ビルまでの間を1対1で接続しているため、この間の帯域をユーザーが占有することができます
・共有型のFTTHでは、アクセスラインを複数のユーザーで共有しているため、同時に複数のユーザーがアクセスすると、ユーザーひとりあたりが利用できる帯域が狭くなり、速度が低下してしまう可能性があります

速度だけを見れば、もちろん占有型の方が有利ですが、コスト面なども考慮しましょう、というお話です。普通に使う分には共有型でも問題ないのでしょうが、他にどんなタイプの人と一緒になるか、という運もあるかもしれませんね。

ADSL・FTTH(光ファイバー)サービス比較