ソフトバンクBB、1Gbpsの光ファイバサービス「Yahoo! BB 光」を開始するというニュース。

ソフトバンクBBとヤフーは、光ファイバを利用した新サービス「Yahoo! BB 光」の提供を開始、申し込みを10月5日より受け付ける。月額料金は戸建て向けの場合、BBフォンを含み7,633円で、集合住宅向けが3,675円から。

Yahoo! BBが光ファイバーサービスに参入です。NTT収容局からユーザー宅まで1Gbpsの光ファイバ回線を利用し、最大32ユーザーで共有するそうです。1ユーザが利用できるのは最大100Mbpsまで。バックボーンは最大60GbpsのソフトバンクBBが構築したネットワーク。

サービスは戸建向けの「Yahoo! BB 光 ホーム」、集合住宅向けの「Yahoo! BB 光 マンション」の2種類で、

初期費用はYahoo! BB 光 ホームの場合、光回線設置事務費用が2,100円で、標準工事費用はソフトバンクBBが負担するため無料。標準外工事費用は別途見積もりで、休日工事追加費用は21,000円が必要になる。Yahoo! BB 光マンションの初期費用は手数料が5,250円、基本工事費が15,750円。

という料金設定です。「Yahoo! BB 光 ホーム」は標準工事費用無料! ただし契約期間等、注意が必要です。

なお、Yahoo! BB 光 ホームでは12カ月間の、Yahoo! BB 光 マンションでは6カ月間の最低利用期間が定められており、期間内に解約した場合も最低利用期間満了までの料金が課金される。また、Yahoo! BB 光 ホームの場合は工事完了から課金開始前日までに解約した場合、ソフトバンクBB負担分の標準工事費32,000円と事務費用2,100円がユーザー負担となる。

このようになっております。わが家は12Mbpsだったか8Mbpsだったか忘れましたが、無線ルータがIEEE 802.11bなので、光にするのはしばらく先になりそうです。まあ、この速度でも不満はないのですが。オンデマンドとのテレビとか、そういう話になると光ファイバーが欲しくなるのでしょうね。テレビ、電話も含めて、もう少し様子を見たいと思います。

なお「Yahoo! BB 光」のCMイメージキャラクターに上戸彩が起用だそうです。

上戸彩はYahoo! BBのイメージキャラクターに起用された感想を聞かれると、「周りの友達やスタッフでパソコンを持っている人はみんなYahoo! BBに入っているので、(イメージキャラクターの話は)とても嬉しかったです」とコメント。

■関連記事

ソフトバンクがFTTHサービス「Yahoo! BB 光」開始を正式発表

なおソフトバンクグループでは、FTTHサービスに向けたコンテンツとして、会員専用のウェブサイト上で、テレビ地上波をはじめ、BB TV、ビデオ、DVD、CS、BSなどの放送がすべて視聴可能となる「無線TVパック(仮称)」を提供する予定としている。これにより、「ADSLではIP電話を標準サービスとして電話の世界を変えたが、FTTHではテレビの世界を変えることになる」と孫氏は述べた。

ソフトバンクがFTTH正式発表、月額7000円

ただしIP電話サービス「BBフォン」は,同時に契約しなければならない。このため,追加料金として月額380円が必要になる。IP電話の電話番号は,IP専用の050番号を割り当てる。「0AB~J」番号(東京03など)については,「並行して開発を進めている。来年春に出す」(孫社長)としている。

「Yahoo!BB 光」スタートへ 1Gbpsを共有

「NTT地域会社は従来、FTTH業者に回線と機器をセットで提供していた。しかし、独自機器を使用しないと価格や速度で差別化できないため、NTTを理詰めで説得。回線だけを借り受けるアンバンドル契約にこぎつけた」(孫社長)。

【特報】ソフトバンクのFTTHサービス,5日から月額7500円で受付開始

ソフトバンクBBの新サービスは,今年7月に標準化が完了した「GE-PON」(gigabit Ethernet-passive optical network)と呼ぶ新技術で実現する。東西NTTから光ファイバを借りて,GE-PONの設備と接続してサービスを提供する。最大1Gビット/秒の帯域を,ソフトバンクBBのサービスでは32ユーザーで共用する。GE-PONを使うFTTHサービスは,年内にも東西NTTとKDDIも開始する見込みである。

孫正義社長会見「Yahoo! BB 光はテレビのポータルサイトに」

無線TV パックと連動し、録画したテレビ番組をインターネット上に保存できる「Yahoo! BB ネットワーク HD」については開始時期と価格を現在準備中であり、正式に決定した段階で別途発表する予定。著作権など法的な問題や技術面については徹底的に検討を行なった上でサービスを提供するとした。