アッカ、下り最大40MbpsのADSLサービスを下り最大47Mbpsへ高速化するそうです。

今回の下り速度向上は、現行の40Mbpsサービスで伝送損失15dB以下、NTT収容局からの距離1.4km以内の回線で適用している「クアドスペクトラム」技術の向上により実現したもの。アッカの40Mbpsサービスのうち30%を占める、クアドスペクトラムで回線が接続されているユーザーは下り速度向上が見込めるという。

下り速度の高速化は、NTT収容局内のADSL設備とADSLモデムのバージョンアップのみで実現できるそうで、モデム交換などは必要ないそうです。料金も無料とのこと。

ADSL・FTTH(光ファイバー)サービス比較