「ワイヤレスADSL」が米国でついに商用化というニュースがありました。

米国の通信事業者であるNextel Communications、Inc.は2004年4月14日、下り方向の最大データ伝送速度が3Mビット/秒の無線インターネット・サービス「Nextel Wireless Broadband」を開始した。利用者は月額数十米ドルで、無線インターネットを常時接続で利用できる。

ワイヤレスのブロードバンドは、是非日本でも早く登場して欲しいサービスの一つです。この「Nextel Wireless Broadband」のサービスエリアはノースキャロライナ州を中心とする計3,300km2で、実に東京都の1.5倍の面積だそうです。

イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)の実験局予備免許を取得というニュースもあり、日本でも着実に進んでいるようですが、最低でも1年くらいはかかるでしょうか。あくまでも今回は予備免許で、サービス開始には本免許が必要になるということです。

さくっとYahoo! BBが始めたら驚くんですが、流石に難しいし、まずはFTTHが先なんでしょうね。