エキサイトとスカパー!がインターネット事業で業務提携というニュース。

エキサイトではスカパー!BBのコンテンツを取り入れることでサービスの向上を図り、スカパー!では500万/週のユニークユーザーを誇るエキサイトのポータルサイトをスカパー!BBの入口とすることで会員数の拡大を狙う。

インフラとコンテンツが合体。面白いですね。

現在、Yahoo! BBの12Mを利用していて、無線LANがbなので別段不満はない訳ですが、FTTHに変更する可能性というのもある訳で、そうなった時に選択基準の大きな要因としてコンテンツがあるかなぁ、とこのニュースを見て思った次第。

スピードに関しては、恐らくどこも大きな違いはないでしょう。料金も重要ですが、もし面白いコンテンツを見られる、遊べるということになれば、選択も変わってくるかもしれりません。あとはIP電話がどのように使えるか、ですね。

そういう意味では、500円でFTTHが利用できてしまうエキサイトとスカパー!の提携というのは非常に良い組み合わせでないかと思います。Yahoo! BBもFTTHに参入するらしいし、どうなるか楽しみですね。

ADSL・FTTH(光ファイバー)サービス比較

■関連記事

エキサイトがスペースシャワー、ファミマらと提携 コンテンツ配信やECを強化

スカパー!やスペースシャワーと共同で、映画や音楽番組などのコンテンツを配信を行うほか、ファミリーマートのECサイト「famima.com」と連動した商品の販売も検討している。伊藤忠エレは、システム開発や運用などをサポートする。

エキサイト、スカパー!やスペースシャワーなどと資本および業務提携

スカパー!とは、コンテンツやプロモーションをはじめとして、エキサイトの「BB.excite」とスカパー!の「スカパー!BB」との連動を、スペースシャワーとはWebサイト上やコンテンツ面での連動を図り、映画・音楽関連のコンテンツ拡充を行なっていくという。