ブロードバンド加入者数が約1,500万に。FTTHは100万加入を突破です。

DSLサービスの加入者数は速報が発表されており、2月末で29万1,565増の1,090万4,236加入。単月加入者数の伸びは前月から約5万加入減少し、30万加入を下回った。

一方では、「FTTHサービスは104万2,776加入と2月末で100万加入を突破。単月加入者数も8万1,850加入と前月の6万6,667加入から大きく伸びを示した」ということです。料金がもう少し安くなるか、FTTHならではのサービスが出てくれば、ADSLからの乗り換えを考えてもいいかなぁ、と思います。

Yahoo! BBでは400万人を突破したものの、個人情報漏洩の影響だと思われますが、3月の加入者数は大幅に減少したそうです。

■関連記事

FTTHが2月で100万加入突破、FTTH推進の業界団体設立でさらに弾みがつくか

FTTHは昨年7月に50万加入を突破。以降順調に増加を続けているが、加入者数ではxDSLの10分の1であり、まだまだ普及が進んだとはいえない。そうした中、FTTHでの通信環境を前提としたネットワークとサービスの拡大を目指す業界団体「ブロードバンド コンソーシアム ジャパン」が4月にも設立される。