月500円でBフレッツが利用できる「BB.excite」のレポートがAll About Japanに掲載されています。

フレッツ最安プロバイダはどう?

Bフレッツを利用し始めてからしばらく経ちました。長年@niftyを使ってきた私は、Bフレッツでも当然のごとく@niftyを利用していたのですが、月額500円でBフレッツも利用できる『BB.excite』のサービスが気になっていました。気になる理由は……もちろん「安さ」です。

実はぼくの会社もBB.exciteのBフレッツを利用しています。500円というのは目もくらむような安さですが、確かに安かろう・悪かろうでは困ってしまいます。結論からいうと、ぼくのところでは全く問題ありません。さて、記事の方ではどうなんでしょうか。

速度計測サイトはあくまで目安ですので、必ずしもこの結果でプロバイダーの善し悪しは判断できませんが、この測定サイトでは@niftyよりも速い数値が計測されました。

下りでは、20.2Mbps(BB.excite)、17.3Mbps(@nifty)という結果に。「BB.exciteは、品質に定評のあるIIJの基幹インフラを利用しているため、品質が良いのもうなずけます」というのにはうなずけます。

いいことばかりではなく、きちんとデメリットも。

・メールアドレスの利用料は別料金
・ホームページも別料金

この辺は無くてもいいでしょう。自分でドメインを取得しても月々数百円ですし、無料サービスもたくさんありますから。個人で使う場合は「IP電話が別料金」ということの方がデメリットかもしれませんね。277円ですが。ただ、あまり固定電話をかけないといえばかけないので、この辺を割り切って使える人にはお薦めのサービスかと思います。

■関連記事

ADSL・FTTH(光ファイバー)サービス比較

↑料金比較サイトなどを紹介しています。乗り換えを検討している人には便利カモ。

BB.exciteの規約改定、スパム業者やWinnyユーザーなどに帯域制限可能に

エキサイトによれば「対象は、特定のアプリケーションやサービス利用形態ではなく、帯域を占有してほかのユーザーの利用を妨げるようなユーザー。当面はBフレッツユーザーに対して実施する」としている。