イー・アクセス、「定額IPモバイル電話」に意欲です。

イー・アクセスは3月から、広域・高速モバイルブロードバンドサービスの実現に向け、フィールド実験を開始する予定だと発表した。TD-SCDMA(MC)方式を採用して、数Mbpsの無線通信サービスを提供したい考え。

TD-SCDMA(MC)は「携帯キャリアが採用するCDMA方式に比べ、音声通話よりも高速データ通信に重心をおいた無線規格」だそうです。韓国では既に実証実験が行われていて、

時速90キロで走行する車で、1.8~2.2Mbpsの通信速度を実現できることが確認されている。「

このような結果が出ているそうです。走行していなくてもいいから、定額モバイルでこの程度のスピードが出たら嬉しいですね。

さらに注目はモバイルIP電話で「(VoIPは)技術的には、問題ない。ユーザーニーズに応じて考える」としています。さらに「従量課金ではだめだ。TD-SCDMA(MC)は、定額サービスを実現できる可能性が、より高い技術」ともコメントしていますので、定額制のモバイルIP電話の可能性に期待がかかります。イーアクセスは業績も好調のようなので楽しみですね。ただ、早くても2年後くらいになりそうですが。

■関連記事

イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)方式を用いた高速ワイヤレス実証実験

イー・アクセスの千本倖生代表取締役社長兼CEOは、「日本のDSLは1,000万加入を超えて、ある意味第1段階が終わった」とコメント。「家庭では数十メガのブロードバンドがあるのに、モバイル環境でのブロードバンドはまだ進んでいない」とした上で、「モバイルで次の事業戦略を進めていきたい」と語った。