ヤフーも音楽ダウンロードサービスを検討中だそうです。

さらにYahooは、いまのところダウンロードではなくストリーミングメディアに賭けている自社戦略の見直しに合わせ、オンライン音楽サービス市場の様子も探りも始めている。たとえば、Yahooは最大のインターネット音楽サービスの1つであるMusicmatchとも話し合いを行っており、その内容に詳しい情報筋は、これが買収の話し合いにつながるかもしれないと述べている。

まあ、手っ取り早く始めるんだったらどこかを買収してしまうでしょうね。これまではストリーミングサービスに力を入れてきましたが、必ずしもそれが成功しているとは言えない。一方では、AppleがiTunes Music Storeで成功を収めつつある。ちょっと路線変更? は自然な流れではないでしょうか。Appleのお陰で、1曲ずつ購入するものという価値観も生まれましたからね。

■関連記事

MS、AOLに続き、Yahoo!も音楽ダウンロード参戦へ?

音楽ダウンロードがすぐに利益につながると予測するアナリストはほとんどいない。iTunes Music Storeで市場をリードするAppleは、同サービスに対応する音楽プレーヤー「iPod」の販売で利益を得ており、同サービスがまだ黒字化していないことを認めている。