エッジ、専用端末からユーザー間は無料で通話できるインターネット電話というニュース。

エッジは、専用端末を利用したインターネット電話サービス「livedoor SIP フォン」を12月3日より開始した。端末の標準価格は1台9,800円で、ユーザー間は無料で通話できる。また、追加料金を支払うことで固定電話や携帯電話にも通話できる。

プロバイダーを問わないというのは一つのメリットでしょう。しかし、1.5Mbps以上のインターネット接続環境が推奨されていることから、ブロードバンド環境が必要です。通常はそのままIP電話サービスが受けられたりする訳ですよね。

一般電話への通話には初期費用1,480円、月額料金370円が追加して必要で、国内は3分7.5円、携帯電話は1分20円、米国は1分8円で通話できる。

と、なると具体的にどんな人がターゲットになるんでしょうか?

■関連記事

「固定電話から着信できる!?」エッジのインターネット電話とは

エッジではlivedoor SIP フォンで固定電話や携帯電話と発着信できるサービスについて「現在は試験サービスで、2003年内に正式サービスへ移行する予定」とコメント。正式サービスの際には050番号に対応する予定だという。なお、発表時には、固定電話との発着信サービスが「試験サービス」という説明はなされていなかった。