KDDI、下り最大2.4Mbpsのデータ通信サービス「CDMA 1X WIN」を11月に開始というニュースが飛び込んできました。速いですね。実効速度がどの程度なのか気になるところですが、PHS危うし、という感じもします。それでも個人的にはPHSのライトウェイトな感じは好きですけど。今は携帯電話を使っていますが、なんだか強力な磁場が形成されているような気がするんですよね(笑)

CDMA2000 1x EV-DOは、データ通信に特化してネットワークを最適化したCDMA2000ベースの技術で、音声通話では必要ないくつかの機能を省くことなどでより高速化、さらに低コスト化を図る技術。これにより、最大の通信速度は従来のCDMA2000 1xと比べると、下りが144kbpsから2.4Mbpsに、上りが64kbpsから144kbpsまで拡張された(パケット通信方式、ベストエフォート)。

KDDI、最大2.4Mbpsのパケット通信対応のCDMA 1X WIN端末3モデルを発売

端末は当初、電話型「W11H」(日立)、「W11K」(京セラ)、カードタイプの「W01K」(京セラ)の3種類が用意されます。

なおW11H/W11Kの2モデルは、PCと接続して通信を行うことはできるが、PC通信ではEV-DOネットワークを利用することはできず、1xネットワークの利用となるため、通信速度は144kbpsに限られる。これは端末側の作り込みの問題ということで、電話型の端末でも今後は2.4MbpsのEV-DOネットワークが利用できるようになる予定だ。

乗り換えに関しては、もう少し端末が充実するまで、様子見をしていた方がいいかもしれません。

■関連記事

やっと出た、ケータイで定額制――KDDIより新サービス

「どこのキャリアにおいてもそうなのだが、パケット通信量は月初めに比べ、月末には利用が減少する傾向がある。この状況からしてもユーザーがパケット料を気にしていることは明白で、やはり定額制を導入することは重要だと感じた」

KDDI、最大2.4Mbpsの携帯電話サービスを11月28日に開始

プロバイダーなしでパソコンなどからインターネット接続サービスが利用できるau.NETも利用可能。その場合は通信料が0.1円/パケットで、利用月には別途900円の利用料がかかる。

EV-DOは4200円定額制~11月28日全国一斉開始

EZwebとEメールなど携帯電話内で行うパケット通信に限って、月額4200円の定額制プラン「EZフラット」が利用できる。