ADSLの伸びは止まるか? 契約“解除数”から読むという記事より。ADSLの増加数が落ちてきたなぁ、とは思っていたんですが、累積開通数と契約解除数を見ると、また違った側面が見えてきます。

これを見ると、開通数が減少し、解除数が増加するという、「ダブルパンチ」によってADSLの伸びが鈍っていることが分かる。特に7月は、開通数が今年に入って最低を示し、かつ解除数も今年2番目の高さを示した。

実は開通数自体は毎月50万件以上あったんですね。今年も5月までは60万件以上でした。それに対して契約解除数は、毎月20万件前後もあります。「そんなに解約している人が多いのか」と少し驚きを覚えました。当然、引っ越しやFTTHへの移行もあると思いますが、それにしても多いように思いました。ADSLやFTTHの常時接続系は、一度契約したらなかなか解除しないのではないかと思っていたんですが、どうもそうでもなさそうです。