ブロードバンド加入が1,100万を突破。FTTHとCATVが加入者を伸ばす

DSL加入者数の数値はすでに速報が出ており、前月から28万4,222増の854万1,340加入。毎月数十万単位で加入者を集めているが、単月の増加ペースはやや鈍りつつある。

そろそろ需要が一巡しつつあるということでしょうか。潜在的にはまだまだいると思うんですが、その部分はなかなか掘り起こしが難しいのかもしれませんね。先日も駅前で、60歳くらいのおばあさん3人組に、一生懸命説明するYahoo! BBスタッフを見かけました。

光ファイバーサービス加入者数50万を突破、半年で2倍に

もう少しすると、今度はADSLから光ファイバーへの乗り換えというのも始まってくるのではないかと思います。20Mbps超のサービスが、思ったよりも速度が出ないということも一つの要因になるのではないかと。

この数カ月、FTTHの増勢が強くなっているのが目立つ。FTTH加入者は1月末には23万3,072であり、半年で2倍以上に拡大したことになる。

NTTの固定電話を解約できるような本格的なIP電話サービスと、テレビのサービスでも始まってしまえば、新規ユーザや乗り換えユーザが流れていくのは間違いないでしょう。家庭に一本、光ファイバー。ただ、光ファイバーが引けない地域の方もまだまだ多いでしょうから、ADSLもまだまだ頑張って欲しいですね。

■関連記事

NTTの固定電話を解約することはできるか?

個人的には、NTTの基本料金がもったいないなぁと思っています。人にとっては些細な金額かもしれませんが、ほとんど使いもしないのに、毎月戦数百円支払うのはバカらしいと思っている人も多いことでしょう。生活をする上では携帯電話があれば十分な気もするのですが、FAX受信のことなどもあり、流石にNTTの固定電話を解約するまでには至っていません。