自宅でサーバを公開する際に、多くの場合は固定IPは割り当てられていませんので、動的に変化するIPアドレスに対応するためにダイナミックDNSを利用します。

ダイナミックDNSの基礎知識
ダイナミックDNS(DDNS)とはなんぞや? いう方はこの記事を読まれるといいのではないかと思います。

バリュードメイン
ぼくも使っていますが、かなり強力なサービスです。ドメインの申請から管理、他のレジストラからの移管など、全てブラウザから可能です。そのため料金も安く、.comや.netは為替変動にもよりますが約1,100円くらいです。URL転送、メール転送も無料で受けられるので、とりあえずドメインだけとっておくというのもいいかも。ダイナミックDNSにも対応しているので、自宅サーバを立ち上げようと思っている人にはもってこいです。

また、広告の入る無料ホームページサービスXREA.COMと組み合わせて、独自ドメインのウェブを運用することもできます。広告を入れたくない場合は、年間2,400円で広告免除なので、そういう使い方でも非常にリーズナブルといえます。

No-IP.com
海外のダイナミックDNSサービス。

Dynamic DO!.jp
日本のダイナミックDNSサービス。

What's Up!
Dynamic DO!.jp 、miniDNS.netのIPアドレスを自動更新するDynamic DNSクライアント。

ADSL・FTTHサービス比較
固定IPサービスの検索サイトなど、関連情報をまとめています。