「Sony Dealer Convention 2007」レポート

ソニーのデジカメに、新しく「スマイルシャッター」という機能が搭載されたのだそうです。

R0013663

顔検出ではなく、なんと「似顔絵検出」なのです。つまり、ニッコリ笑うとシャッターがパチリと切られるという仕組み。

本当に!?

と思ってしまうのですが、本当でした。

R0013661

シャッターを全押しすると「スマイルシャッター」モードになるので、後は写される人がニッコリするだけ。

あたしは自由に笑えないわ!

という人もいるかもしれませんが、シャッターを押す権限を被写体に委譲するというのは面白いアイデアだと思いました。

何度、取り直しても目をつぶってしまったり、変顔になってしまう人も、これなら安心でしょう。確実に笑顔です。

R0013664

最大6枚まで勝手に連続で撮影してくれるので、不思議な気分でしたよ。

一人写真集撮影モードとでもいいましょうか、ニカッとするとピカッとフラッシュがたかれシャッターが落ちるのです。

R0013670

ネットアイドルの人とか、自分撮りをするのにものすごく便利な予感がします。

ちなみにこの機能が搭載されているのは「DSC-T200」という機種です。

「Sony Dealer Convention 2007」レポートに戻る

■関連エントリー

有機ELテレビ
笑顔を検出する「スマイルシャッター」
筒型の「新提案スピーカー」
Rolly
カーナビ「nav-u」