次世代DVDプレーヤー両規格で再生可能なディスク発売へという記事より。

米映画大手ワーナー・ブラザースは9日、開催中の家電見本市で、2つの規格に分かれている次世代DVDプレーヤーの両方で再生できる「トータルHDディスク」を開発、このディスクを使った映画ソフトを2007年後半に販売すると発表した。

これまでは、ブルーレイとHD DVDのどちらの陣営につくか、なんてことも話題になったのですが、どちらでも再生できる「トータルHDディスク」が発表されたそうです。

次世代DVDは現在、2つの規格が併存。ソフト供給の中心となるハリウッドの映画会社もワーナーなど一部を除き、どちらかの方式を採用している。

この結果「両規格の争いで消費者の買い控えを招いているとの見方も」ということで、確かにどちらが優勢になるか分かるまでは買いにくいですよね。まだ安くはないですし。

でもどちらでも再生可能ということになれば、あとはプレーヤーの機能やメーカーの好みで選んで良いということでしょうかね。

SONY スゴ録 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー内蔵ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-V9

SONY スゴ録 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー内蔵ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-V9