薄型テレビはいつが買い時? 「大画面」も値下がりの可能性という記事より。

年末商戦が活気づく中で、プラズマや液晶の薄型テレビの販売競争が激化している。数年前までは「画面サイズ1インチ=1万円」が価格の目安だったが、最近では10~20インチ台は「1インチ=5000円」を切る商品も珍しくなく、かつての半値以下にまで安くなっている。

そうそう、随分前のイメージで「1インチ=10,000円」と思っていたのですが、時代は既に「1インチ=5,000円」に突入しているのですね。

「売れ筋は37インチ前後」とされるが、すでに30インチ台でも20万円を切る商品は多く、「1インチ=5000円」を下回る時代を迎えた。

確かに、量販店の店頭などで眺めていると、37インチくらいが値ごろ感が高い気がします。

すでに中・小型の価格はかなり低下しており、「これ以上はあまり安くならない」との指摘もある一方で、「来年以降は40インチ以上の大型タイプが値下がりする」(メーカー担当)との見方もある。

どうなんでしょうね〜。こればっかりは読めない訳ですが、そろそろ価格帯も下がってきているので、欲しい時が買い時な感じもしますねぇ。

とはいえ、一時テレビ買い替えマイブームがきていたのですが、少し時間をあけたら落ち着いてきました。

Amazonで液晶テレビ・プラズマテレビを比較
楽天市場液晶テレビ市場