JINANが水族館に行きたいというので、池袋のサンシャイン水族館に行ってきました。池袋は浦和から乗り換えなしで20分ほどなので、フラリと行ける水族館なのですね。行ってみると、サンシャイン水族館の隣で「サンシャイン水族館×早川いくを へんないきもの展~ナマモノ~」なるものを開催してまして、300円だったので、ついでくらいの気持ちで見てきたのですが、これがなかなか面白かったのです!

ちなみに↑は絶食で話題になったダイオウグソクムシ先輩の後ろ姿です。

小さい展示なのですが、思いのほか充実してまして、300円なら安く感じたほどです。最近「へんないきもの」ブームがきてるのか分かりませんが、その手のものをまとめて見られる、しかも生体を、という場所でした。

いくつか撮影してきた写真をご紹介しますね。

シャコ。普通な感じですが、パンチ力が凄いということで、パチン! という大きな音の聞こえるビデオと共に展示されてました。シャコパンチ、まじ痛そう。

ダイオウグソクムシ先輩の小さい頃。カワイイというか、カッコイイというか、なんともクールな出で立ちです。カブトみたいですね。微動だにせず、生きてるのか死んでるのか、なかなか判別しにくかったです。

ヤツメウナギ。こえぇぇぇぇぇ!

表の顔はカワイイというか、ちょっと間抜けな感じもしたのですが、水槽にへばりついている口が怖すぎる。なんですか、これは。なんでも子供に食いついたりすることもあるそうで、想像しただけでも気分が悪くなりそうです。

これはウミグモだったかな。ほとんど脚。脚のみで構成されてます。脚の中に内臓とかも入っているらしいです。驚異。なんだそれは。

リュウグウノツカイは5メートル弱の標本が展示されてました。あまり害はないのかもしれませんが、こんなのに遭遇したらと思うと‥‥。顔が怖いです。

最後にいた、海中の生物ではない、こいつにかなり驚かされました。

目も耳も毛もない。それでいて出っ歯。異様すぎる風貌。その名もハダカデバネズミです。ひどい! そんなネーミングひどい! と思いましたが、名は体を表しています。ハダカデバネズミ以外の何物でもありません。しかし、この出っ歯はなんの役に立つんだ‥‥。

なんでも、地中で暮らしているせいで、目や耳、そして毛までなくなってしまったのだとか。進化って怖いですね。

カースト制まであるって、なんなのだろう。この風貌なのに。

ハダカデバネズミに衝撃を受けすぎて、出口で販売していた、ハダカデバネズミのぬいぐるみを購入してしまいました。680円。なぜ、こんな出っ歯で肌色とぬいぐるみを買ってしまったのか、自分でも説明がつきませんが、買わざるを得ませんでした。

しかし、よくもまあ、こんなにニッチな動物のぬいぐるみがあるものですよ!

さて「へんないきもの展」は2014年5月25日まで開催中だそうです。「へんないきもの展」だけを見ることは不可能で、水族館、展望台、プラネタリウム「満天」、J-WORLD TOKYO、ナンジャタウン、博物館のいずれかの半券が必要とのことです。

サンシャイン展望台で「ダンボー写真展」をやってますので、そちらと組み合わせるのが良いカモ!? もちろん、サンシャイン水族館も楽しかったですよ。ここで紹介しただけではありませんので、へんないきもの好きに「へんないきもの展」をオススメします!

サンシャインシティ |サンシャイン水族館×早川いくを へんないきもの展~ナマモノ~

ちなみに、早川いくを氏のベストセラー「へんないきもの」が元になっており、早川いくを氏が監修をされているそうですよ。やっぱり生はインパクトあったなぁ。

せいぞろい へんないきもの-世にも奇妙な生物グラフィティ

早川いくを バジリコ 2009-03-04
売り上げランキング : 14261
by ヨメレバ
またまたへんないきもの (幻冬舎文庫)

早川 いくを 幻冬舎 2014-04-10
売り上げランキング : 103182
by ヨメレバ
へんないきもの (新潮文庫)

早川 いくを 新潮社 2010-05-28
売り上げランキング : 12579
by ヨメレバ