スポンサードリンク

【マジパン】iPhone、iPad、Macのアプリ統合の目標は2021年

スポンサードリンク

【マジパン】iPhone、iPad、Macのアプリ統合の目標は2021年


Appleが、MacとiPhoneとiPadで動作するアプリ環境「マジパン(Marzipan)」を開発していることは、2017年くらいから伝えられていました。

当時は、iOSとmacOSの次期メジャーアップデートで公開するとみられるとされていたのですが、アプリ統合の最終目標は2021年らしいという噂が出てきました。

スポンサードリンク

「マジパン(Marzipan)」は2021年?

アイフォーンとアイパッド、マックのアプリ統合へ、21年めど-関係者という記事になっていました。

関係者によると、「マジパン」というコードネームで呼ばれるこのイニシアチブの最終目標は2021年をめどとして、デベロッパーがアプリを1回開発すれば、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」とタブレット「iPad(アイパッド)」、コンピューターの「Mac(マック)」のどの端末でも動作するようにすることだという。

記事によれば、2019年内にiPad用アプリをMac向けに移植するソフト開発キットをリリース予定で、2020年にはiPhone用アプリもMac向けにできるようになるそうです。

そして、2021年にはiPhone、iPad、Mac向けのアプリが一つにまとめられるとしています。

開発者はそれぞれの端末用アップストアに提供する必要がなくなり、iOS用アプリがマックから直接ダウンロードできるようになり、それぞれのアップストアが事実上統合されるという。

早ければ2019年のWWDCで何らかのロードマップが示され、今後のmacOS、iOS、そして「マジパン(Marzipan)」の行く末が見えるようになるのでしょうか?

なお、Apple、MacのCPUをIntel製から自社製プロセッサへ2020年に切り替えへという記事も書いておりまして、こちらのCPU切り替えも2021年と言われていました。

iPhoneを購入するなら

ドコモauソフトバンクApple公式サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】約2,000冊が対象のライトノベルセール

次へ

海外用WiFiルーターレンタル「グローバルWiFi」料金据え置きでデータ通信量増量