AppleはPages、Numbers、Keynoteを含む仕事効率化アプリケーション「iWork」がアップデートし、Apple Pencilに対応したことを発表しました。Pages、Numbers、Keynoteアプリケーションで、Apple Pencilで直接、描画やスケッチをしたり文字を書いたりすることができるようになります。

iPadがノートだと考えると、やはりApple Pencilで書き込めるのが自然ですし、より艶いやすくなるはずです。スペシャルイベントで発表された9.7インチiPadも、Apple Pencilに対応しました。教育の現場でも、よりiPadが使われることになるでしょう。

Appleのアプリケーション製品マーケティング担当バイスプレジデント、スー
ザン・プレスコットは次のようにコメントしています。

「iWorkは、iPhone、iPad、およびMac用にデザインされたパワフルなアプリケーションスイートであり、世界中のクラスルームで使われています。iPadのApple Pencilへの対応と、新しいPages、Numbers、Keynoteにより、生徒のみなさんは文書、スプレッドシート、プレゼンテーションにまったく新しい創造性を吹き込むことができます。さらに、新しいスマートアノテーションを使うと、かつてないほど簡単にフィードバックをやり取りしたり、 反映したりすることができます。また生徒たちは、iWorkに組み込まれたリアルタイムの共同制作ツールを使って一緒に探索したり学習したりすることができます」