スポンサードリンク

Apple、2018年度第1四半期(2017年10月~12月)の業績を発表 → 過去最高の売上高を記録

スポンサードリンク

2018 02 03 0811

Appleが2018年度第1四半期(2017年10月~12月)の業績を発表しました。それによると、過去最高の売上高を記録しています。iPhoneの販売台数は減ったものの、iPhone Xがそれをカバーしたとのこと。アップルの第1四半期決算、iPhone販売数は7730万台という記事になっていました。

売上高は883億ドル(約9.68兆円)で、前年同期と比べ13%増加した。米国外での売上は全体の65%に達しており、日本では72億3700万ドルの売上になっている。

スポンサードリンク

iPhoneの販売数は7,731万6,000台(前年同期は7,829万台)、iPadは1,317万台(同1,308万台)でiPhoneの販売台数は前年同期比では減っています。ただ「iPhone Xの発売以降、iPhoneのなかでも一番売れている」とのことです。

iPhone Xは売れていないから減産という話もあったのですが、売上には大きく貢献しているようですね。高価なモデルだけあって。

■関連記事

iPhone、販売台数微減もiPhone Xのおかげで売上アップ | TechCrunch Japan

そんな失望をよそに、Appleは2018年Q1の売上を13%増やしたが、その要因は、iPhone 8や過去の機種よりも大幅な高価格に設定されたiPhone Xによるところが少なくない。iPhoneの平均価格は昨年同時期より40ドル程度上がった。

Apple、2018年度第1四半期決算報告を発表、史上最高売上高883億ドルを記録 | Apple | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

当四半期中Appleは、5,112,000台のMacintoshを販売し、前年同期と比べ、5%の販売台数減となります。

スポンサードリンク

前へ

「天ぷら酒場 かっちゃん」1,000円のほろ酔いセットも良いが定食も良い

次へ

【Instagram】「ストーリーズ」で文字のみの投稿が可能に