2016 05 27 1155

iPhoneの販売に陰りも見えてきたAppleが、2015年にコンテンツを拡充するためにTime Warnerの買収を検討していたと報じられています。アップル、Time Warner買収を検討していた--Financial Times報道という記事になっています。

Financial Timesによると、Appleのシニアバイスプレジデントを務めるEddy Cue氏が、その考えをTime Warnerの企業戦略のトップに切り出したという。Financial Timesは米国時間5月26日の記事で、この件の概要を知る3人の話を伝えている。

Time Warnerが自社のテレビ番組を将来的にAppleのストリーミングサービスに加える話し合いをしている中で、出てきた話のようです。ティム・クックCEOは参加はしておらず「予備的な提案の域を超えなかった」とのこと。「こんなアイデアもあるんだけど、どう?」といった感じだったのでしょうか。

個人的にはAppleはコンテンツやクラウドサービスはあまり得意な会社ではないと思っているので、買収したとして、うまく相乗効果を発揮できるのかなぁ、と心配になるのですが。マップとかもそうですけど、なんだか他社の後追いをするものはイケてる感じにならないんですよね。