2013 12 09 1158

Appleが、Twitterの分析サービスを提供している「Topsy」を買収しました。買収金額は2億ドル以上と伝えられています。Apple、Twitter分析のTopsy Labsを2億ドル超で買収---海外メディアが報道という記事になっていました。

Topsyはサンフランシスコに本拠を置き、「Twitter」の分析を専門としている。Twitterの2006年以来の全ストリームにアクセスできる「firehose」契約を結んでいる数少ないパートナーの1つで、すべての公開ツイートをリアルタイムで取得して分析できる。

Twitterのツイートを分析する際に利用する「Topsy」が、まさかAppleに買収されるとは。ちょっと驚きです。

Appleが、どのように「Topsy」を利用しようとしているかに関しては、iTunesユーザのお勧め機能、SiriやiAdに活用する可能性があると見られているということです。

■関連記事

Apple、Twitter分析のTopsyを2億ドル以上で買収。SiriやAppStoreの関連性強化に利用か | TechCrunch Japan

あえて推測するなら、これはAppleがAppStoreとiTunes Storeの関連性エンジンを作ろうとしていることと関係しているかもしれない。自社ストアの検索アルゴリズムにソーシャル信号を加えることによって、検索の関連性を改善し、Appleはユーザーにとってより魅力的で興味深いアプリを表面化できる。

Apple、Twitter検索・分析のTopsyを買収 2億ドル超 - ITmedia ニュース

ロイター通信は、ソーシャルメディアにはあまり踏み込まないAppleによる異例の買収と報じている。