2013 10 17 1017

バーバリーのCEOであるアンジェラ・アーレンツが、直営店およびオンラインストア担当シニアバイスプレジデントとして、Appleに入社することが発表されていました。

アンジェラ・アーレンツは、Apple直営店およびオンラインストアの両方において、戦略的方向性、拡大およびオペレーションを指揮するとしています。

「アンジェラが私たちのチームに加わることを大いに楽しみにしています。彼女は私たちと価値観や革新に対するフォーカスを共有しており、私たち同様、カスタマーエクスペリエンスを非常に重要視しています。彼女はキャリアを通じて極めて優秀なリーダーであることを示してきました。そしてその実績は誰もが認めるところです」と、ティム・クックはコメントしています。

「Appleに新しく作られたポジションに来年から加わることをとても名誉に思います。オンライン、オフラインの両方でコンシューマエクスペリエンスをさらに豊かなものにするために、Appleのグローバルチームと一緒に働くことをとても楽しみにしています。Appleの製品やサービスの革新性と人々の生活に与えてきた大きな影響にいつも敬服していました。Appleが今後も成功し続け、世界を変えるためのリーダーであり続けることに微力ながらも貢献できることを希望しています」とアンジェラ・アーレンツはコメントしています。

バーバリーのCEO アップル副社長へという記事になっています。

アーレンツ氏は米国人の女性で、06年にバーバリーCEOに就任。米メディアによると、ブランドイメージを回復させ、中国など新興国で販売を拡大し、業績を急回復させた。

「有名衣料のCEOからIT企業幹部への転身は異例」と。どんな手腕を見せてくれるのでしょうか。

■関連記事

バーバリーCEOが退社、アップル上級副社長に転身へ - WSJ.com

アーレンツ氏は2006年にバーバリーに入社。在職中に売上高は3倍、株価は4倍に伸びるなど、業績の急回復を導いたとして高く評価されている。アーレンツ氏就任当時のバーバリーは、ブランドの陳腐化に苦しみ、長い間対象としてきた富裕層向けの販売に悪影響が出ていた。