スポンサードリンク

iFixitが「AirMac Extreme」を分解 → あの縦長の筐体の中身はどうなっているのか?

スポンサードリンク

2013 06 13 1019

iFixitが早速「AirMac Extreme」を分解していました。実は気になっていたんですよ、あの縦長の筐体がどうなっているのか!

AirPort Extreme A1521 Teardown - iFixitという記事になっています。

スポンサードリンク

When Apple goes to the extreme, we do too. What exactly does it take to be extreme? Whatever it may be, challenge accepted. Join us to find out just what awaits in the new high-rise AirPort Extreme.

で、気になる縦長の部分ですが‥‥

2013 06 13 1032

こんな具合になっているそうです。

思ったより筐体が小さい印象ですが、真ん中がぽっかりと空いています。これは筐体が「AirMac Time Capsule」と同じということで、ハードディスクの入るスペースのようです。

なるほど、こうなっていたのかー、と確認できると納得ですね。

「AirMac Extreme」には余分なスペースになりますが、縦長の方が信号を分散するプラットフォームの位置がより高くなる、というメリットがあるそうです。

「AirMac Time Capsule」802.11ac対応で最大3倍高速に&ワンクリックでバックアップもあわせてご覧ください。

AirMac Extreme

AirMac Time Capsule

スポンサードリンク

前へ

Google、不適切なスマホ対応サイトの順位を引き下げへ

次へ

ブロガー向け!「Eye-Fi mobi」写真を手軽にスマホに転送 → PCレスで使用できるWiFi対応SDメモリカード