2012 10 27 0954

Appleが、第4四半期の業績を発表ました。売上高・利益ともに過去最高を記録し、2,690万台のiPhoneを販売したことが明らかになりました。

2012年9月29日を末日とする、2012年度第4四半期の業績は、

・売上高は360億ドル
・純利益は82億ドル
・希薄化後の1株当り利益は8.67ドル

となっています。

前年同期は、売上高が283億ドル、純利益が66億ドル、希薄化後の1株当り利益が7.05ドルでした。アメリカ市場以外の売上比率は60%です。

当四半期のiPhoneの販売台数は2,690万台、前年同期と比較すると58%増です。iPadの販売台数は1,400万台でした。こちらは前年同期比26%増です。

当四半期のMacの販売台数は490万台で、前年同期比では1%増です。iPodの販売台数は530万台で、前年同期比で19%減となりました。

Apple CEOのティム・クックは次のようにコメントしています。

「過去最高の7ー9月期業績で素晴らしい会計年度を締めくくることができましたことをとても誇りに思います。これまでで最も素晴らしいiPhone、iPad、Mac、そしてiPod製品でこのホリデーシーズンを迎えますが、現在開発中の製品にも非常に自信を持っています」

Apple CFOのピーター・オッペンハイマーは次のようにコメントしています。

「2012年度は、純利益で410億ドル以上、営業キャッシュフローで500億ドル以上を生み出したことを嬉しく思います。2013年度第1四半期は、売上高として約520億ドル、希薄化後の1株当り利益として約11.75ドルを予想しています」

ここに「iPad mini」が加わる訳ですからねぇ。どんなことになるか楽しみですね。