2012 02 14 1104

Appleの株価が13日、節目となる500ドルを突破しました。時価総額では、スウェーデンのGDPを上回っているそうです。

まずは、アップル株、初の500ドル=急成長を裏付け―米市場という記事です。

13日の米株式市場で、アップルの株価が節目となる500ドルを初めて突破した。終値は前週末終値比9.18ドル高の502.60ドル。時価総額は4686億ドル(約36兆円)と米企業で最大。

時価総額は、アメリカ企業の中で最大、と。アメリカ企業の中で最大、と。すげー。

スティーブ・ジョブズなき後も、順調に成長を続けている、ということですね。どこまで、この好調を維持できるでしょうか。

さて、時価総額に関しては、Apple の時価総額、スウェーデンの GDP を上回るという記事が出ています。

2012年2月9日、Apple の株価の終値は493.17ドルとなり、過去最高値を記録した。Apple の時価総額は4,600億ドルを超え、スウェーデンの GDP 4,580億ドルを上回った。

ちなみに、他の国のGDPはこんな感じです。

18位 インドネシア 7060億ドル
19位 スイス 5230億ドル
20位 ポーランド 4690億ドル
21位 ベルギー 4670億ドル
22位 スウェーデン 4580億ドル
23位 台湾 4290億ドル
24位 ノルウェー 4120億ドル

ちなみに、2010年の世界各国のGDPの順位ですが、既にスウェーデンだけでなくベルギーも越えてますね。

なお、米国連邦準備制度で保管される金が3500億ドルです。

携帯電話市場の第4四半期利益、アップルとサムスンで95%占めるという記事も。

Walkley氏によれば、Appleは2011年第4半期に「iPhone 4S」の需要が大きかったため、携帯電話市場全体の利益の約80%を占め、第3四半期の56%から上昇したという。ただし、世界の携帯電話市場における同社のシェアはわずか8.1%だ。