スポンサードリンク

スティーブ・ジョブズ、4年分の新製品コンセプトを遺していたらしい

スポンサードリンク

2011 10 11 1310

スティーブ・ジョブズの遺産、4年間分のアップル新製品コンセプトだそうですよ。まだしばらくは、スティーブ・ジョブズのハートがApple製品の中に生き続ける、と。

スポンサードリンク

ジョブズ氏は死期が近いことがわかっていながら、1年以上アップルで働き、今後の同社を支えうるアップル製品を打ち出していった。そしてタブレットPCの「iPad」や携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートフォンの「iPhone」、ノートパソコンの「MacBook」の新製品の設計図を準備していたという。

「英紙デイリー・メールによると」ということです。

思えば身体を酷使しながら、ギリギリまでAppleで働いていたのですよね。引き続き「iPad」「iPod」「iPhone」「MacBook」などには、スティーブ・ジョブズのコンセプトが遺されているようです。

これらの設計図の詳細は明らかになっていないが、次に発表されるiPhoneはスティーブ・ジョブズ氏の設計によるものだと言える。

「iPhone 4S」は「iPhone for Steveだ」という人もおり、スティーブ・ジョブズを思い購入するという人も少なくないようですが、恐らく「iPhone 5」と呼ばれる製品も、スティーブ・ジョブズの息の掛かった製品になるであろう、と。

スティーブ・ジョブズの“設計”が生き続けるのは嬉しいことですが、しかし、もう本人はいない訳です。いつの日か、うまく、そのスピリットをAppleが引き継げることを祈りたいと思います。

スポンサードリンク

前へ

「ウェンディーズ」日本再上陸 → 2011年12月初頭に表参道店をオープンへ

次へ

【ルパン三世】声優変更で銭形警部が山寺宏一、石川五ェ門が浪川大輔、峰不二子が沢城みゆき