Thanks Steve

香港でデザインを学ぶ学生の作成した、アップルマークにスティーブ・ジョブズの顔のシルエットの入ったロゴが“追悼ロゴ”として世界中で話題になっているそうです。

「ジョブズ氏追悼ロゴ」、香港学生のデザインが世界で評判にという記事になっています。

お馴染みのリンゴのロゴを黒の背景に白抜きにし、リンゴの「かじられた」部分に、ジョブス氏の横顔のシルエットを入れたデザイン。「追悼バージョン」となったこのロゴを、グラフィックデザインを学んでいる香港理工大学(Hong Kong Polytechnic University)の2年生、ジョナサン・マク(Jonathan Mak)さん(19)が最初にデザインしたのは、8月にジョブス氏がアップルのCEO辞任を発表したときだったが、そのときにはそれほど注目を集めなかった。

ココで見ることができますが、確かにポストされた日付は「August 26, 2011」となっています。そもそもは“追悼”のためのものではなかったのですね。

しかし、ジョブス氏の死後、インターネットであっという間に広まり、マクさんのツイッター(Twitter)のアカウントには突然、世界から何百通というメールやメッセージが押し寄せた。米国やドイツの新聞社からの問い合わせ、「ジョブス氏追悼ロゴ」の著作権買い取りの申し出、就職先の申し出・・・。

新聞社からの問い合わせはまだしも、就職先の申し出というのがすごいですね。「現実じゃないみたいです」と、デザインをしたマクさん。

インターネット上では早くも、マクさんの「追悼バージョン」のロゴを配したジョブス氏追悼Tシャツや帽子が売られているらしい

「もしも著作権によって何らかの利益が得られたら、インターネットで何人かの人が提案してくれたように、がん研究に役立ててもらおうと思っている」とマクさん。

iPhoneの待受け画像にしている人も、少なくなさそうです。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)死去
Google、スティーブ・ジョブズを追悼
Apple Storeでスティーブ・ジョブズに献花
スティーブ・ジョブズ「iPhone 4S」発表を病床から見守っていた