2011-02-16_1646.png

Appleが「App Store」で、雑誌、新聞、ビデオ、音楽などのコンテンツ系アプリケーションを対象に、サブスクリプション(購読)サービスを開始することを発表しました。

「App Store」内で購入されるサブスクリプションは、これまでのアプリ購入とIn-App Purchase(アプリケーション内課金)に利用されてきたものと同じ「App Store」の課金システムとを利用します。

パブリッシャーは価格とサブスクリプションの継続期間(週、月、隔月、三ヶ月、半年、一年)を設定し、購入者がそれを購入します。購入者は、自分のアカウントページから確認・管理することが可能です。

サブスクリプションに関わる支払い手続きはすべてAppleが処理し、In-App Purchaseと同様に30%が収入となります。

「Appleではこの画期的なサブスクリプションサービスが、パブリッシャーの皆様のコンテンツをiPad、iPod touch、iPhoneに向けてより広くデジタルで提供するまったく新しい機会となり、新規および既存の購読者の皆様にも喜んでいただけるものと確信しています」と‥‥

スティーブ・ジョブズが述べています!!

どのようなアプリでサブスクリプションが利用できるようになるか、楽しみでもありますね。