Appleが2010年9月25日を末日とした第4四半期の業績を発表し、売上、税引後利益ともに過去最高だったことを発表しています。

売上高は203億4,000万ドル、純利益は43億1,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は4.64ドルとなっています。前年同期は、売上高が122億1,000万ドル、純利益が25億3,000万ドル、希薄化後の1株当り利益が2.77ドルでした。

スティーブ・ジョブズは次のようにコメントしています。

200億ドル以上の売上高、そして40億ドル以上の税引後利益という数字に驚嘆しています。共にApple創業以来の記録的数字です。iPhoneの販売台数は1,410万台と、昨年同期と比べ91%も増え、RIMが直近の四半期に販売した1,210万台を楽に上回りました。年末までにはまだいくつかのサプライズを用意しています。

RIMの数字を引き合いに出し、それを楽に上回った、と。

Macの出荷台数は3,890,000台で、前年同期に比べ27%の台数増です。iPhoneの出荷台数は14,100,000台で、前年同期と比べ、91%の台数増となっています。iPodの販売台数は905万台で、こちらは前年同期に比べ11%の台数減でした。iPadの販売台数は419万台です。

■関連記事

アップル、記録的な第4四半期決算を発表--売上利益ともに過去最

iPhoneの第4四半期の販売台数が、前年同期の700万台から約2倍増の1410万台を記録したことについては、日本、アジア太平洋、およびヨーロッパ市場での販売が倍増したためだと、Appleの最高財務責任者(CFO)であるPeter Oppenheimer氏は、18日午後に行われた投資家およびアナリスト向け電話会見で述べた。アクセサリを除くiPhoneのみの売り上げは、86億ドルだったという。

Appleの2010年7~9月期決算、iPhone/iPad/Macが好調で過去最高益を記録

2011会計年度第1四半期(10~12月期)の業績見通しについてPeter Oppenheimer最高財務責任者(CFO)はさらに増収増益が見込めると話している。売上高は約230億ドル、希薄化後の1株当たり利益は約4.80ドルと予測している。

S・ジョブズ氏、Androidや7インチタブレットを語る--第4四半期決算の電話会議に登場

「Eric Schmidt氏は先週、Googleが1日あたり20万台のデバイスをアクティベートし、約9万のアプリケーションを持っていることを繰り返し述べている。Appleは、1日平均で27万5000台のデバイスをアクティベートし、日によっては300Kデバイスに達することもある。Appleは約300KのアプリケーションをApp Storeに持っている」