2010-06-10_1348.png

Appleが「iPad」の発売開始により、5月の販売台数シェアが4月と比較して3倍強になったと伝えられています。

iPad効果か アップルがシェア急伸という記事になっています。

BCNはiPadをノートパソコンに含めている。アップルのシェアはソニー(9・3%)を抜いて4位(4月は5位)に浮上。BCNは家電量販店の販売データからシェアを分析した。

BCNの調査データですが、4月に3.5%だったものが、5月に3倍強の11.5%になっています。

5月28日に発売開始となった「iPad」ですが、月末の4日間だけでシェアを高めたと見られているということです。

順位は以下のようになっています。

1位 東芝 22.1%
2位 富士通 17.4%
3位 NEC 16.0%
4位 Apple 11.5%
5位 ソニー 9.3%

「iPadは、アップルの携帯電話iPhone(アイフォーン)が最初に発売された時の3倍の勢いで売れている」とBCNではコメントしています。

ものすごいスタートダッシュを決めたようですが、その後はどうなっているでしょうね。

iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネス

4822248127

■関連記事

アップルのパソコン急伸 iPadでシェア3倍

デジタル家電の市場動向を分析する民間調査会社BCNは、5月のノートパソコン市場で、新型のマルチメディア端末iPad(アイパッド)を発売した米アップルの販売台数シェアが4月の3・5%から急伸し、3倍強の11・5%になったと明らかにした。