2010-06-08_1423.png

Appleが7月1日より、モバイル広告ネットワークである「iAd」をリリースすると発表しています。

iAdはテレビ広告の表現力とウェブ広告のインタラクティブ性を合わせ持ち、広告出稿者に対し、動きと感動をもたらすダイナミックでパワフルな新しいモバイル広告手法を提供します。

「iAd」は「iOS 4」が稼働するiPhone及びiPod touchデバイス上で、2010年7月1日より開始します。

AT&T、Best Buy、Campbell Soup Company、Chanel、Citi、DirecTV、GEICO、GE、JCPenney、Liberty Mutual Group、Nissan、Sears、State Farm、Target、Turner Broadcasting System、Unilever、The Walt Disney Studiosといった著名ブランドが参加します。

既に2010年度の「iAd」出稿契約は6,000万ドルを獲得しており、2010年下半期分として予測されるアメリカ国内のモバイル広告費合計の約50%に当たるということです。

スティーブ・ジョブズは次のようにコメントしています。

「iAdは、広告出稿者にはテレビの表現力とウェブのインタラクティブ性を、ユーザには使用中のお気に入りのアプリケーションから離れることなく、広告を視聴できる新しい手段を提供します。iAdは何百万ものiPhoneおよびiPod touchユーザにリーチできます。これは広告出稿主にとって非常に魅力的な購買層です。また、開発者の皆様にはアプ

「iAd」では「ユーザは使用中のアプリケーションから離れることなく」というのが特長ですね。広告販売とサービスはAppleが行い、開発者は60%の収益を受け取ることができます。

iPhoneだけでなくiPod touchユーザの「iOS 4」のアップデートも無料ということで気前がいいなと思っていたのですが、Appleとしてはできるだけ多くのユーザに「iAd」の利用できる環境に移行して欲しい、ということですね。