2010-06-08_1201.png

iPhone/iPadでFlashの採用を取りやめ「HTML5」を推進しているAppleが、そのショーケースとなるページ「Apple - HTML5」を公開しています。

2010-06-08_1203.png

それぞれのショーケースは次のようになっています。

Video

2010-06-08_1218.png

リアルタイムにサイズや傾きを調整したり、マスクをかけることができます。

Typography

2010-06-08_1219.png

文字サイズ、色、透明度、回転、影などをリアルタイムにコントロールすることができます。

Gallery

2010-06-08_1221.png

写真のスライドショーの形態を、2D、3Dなど切り替えることが出来ます。

Transitions

2010-06-08_1222.png

写真の切り替えを、キューブ、回転、フリップといったエフェクトでコントロールすることができます。

Audio

2010-06-08_1224.png

再生ボタンを押すと、30秒のサンプル音源を再生します。

360°

2010-06-08_1225.png

写真が360度回転します。

VR

2010-06-08_1226.png

周囲の景色をパンして見ることができます。

これらが全て、HTML5、CSS3、JavaScriptで構築されているというのですから、恐るべし、ですね。

2010-06-08_1228.png

さらに「Safari Technology Demos」で、オフラインカレンダーなど、その他のデモを見ることができます。