「アップル製タブレットはiPhone OSを採用」--米大手出版社の最高幹部が明かすという記事より。

McGraw-Hillの会長兼最高経営責任者(CEO)であるTerry McGraw氏は26日、CNBCの生放送で、Appleのタブレットが27日に発表されること、それには高等教育向けの教科書が提供されること、そして、「iPhone OS」がベースになっていることを明らかにした。

McGraw-Hillというアメリカの大手出版社の会長が、テレビの生放送に出演し、うっかりAppleタブレットが1月27日のイベントで発表されることを明かしてしまったそうです。

噂にはなってましたし、ほぼAppleタブレットが発売されるだろうとは予想されていたのですが、関係者が事前にうっかり‥‥ということになってしまいました。さらに、iPhone OSがベースである、とも。

出版社ということで、もちろん書籍コンテンツで協力関係があるということです。

何が可能になるかというと、われわれは電子書籍のコンソーシアムを持っている。そして、われわれの保有するすべてのマテリアルのうち、95%がこのコンソーシアムの電子書籍フォーマットになっている。タブレットによって、今後は、高等教育市場やプロフェッショナル市場を開拓することが可能になる。

やってしまいましたね。記事には「2010年にはMcGraw氏のもとにJobs氏からホリデーカードが届くことは、おそらくない」と書かれていますが。

iPhone OSベースで電子書籍が読めて‥‥他にはiPhoneアプリはもちろん動くでしょう。現時点では必要なさそうにも思えるのですが、欲しい気持ちにさせられそうなのが怖いです。

Appleタブレットは、正式名称と共に数時間後には発表になります。

■関連記事

「Appleのタブレットは明日発表」McGraw-HillのCEOがテレビで発言

「とてもエキサイティングだ。彼らは明日、これについて発表を行う。われわれはしばらく前からAppleと協力してきた。タブレットはiPhone OSを搭載するので、(iPhoneから)移行できる」

Tech Wave : 「Appleタブレット明日発表」=McGraw-Hillトップがテレビで明言

「とてもエクサイティングだ。Appleは明日発表する。われわれはAppleと割と長期に渡って一緒にやってきた。タブレットはiPhoneOSベースなんで、アプリやコンテンツを(iPhoneから)持ってくることができる。電子書籍のコンソーシアムがあって、われわれの書籍の95%はその電子書籍フォーマットに準拠している。タブレットによって大学やプロフェッショナル向け書籍の市場が拡大するだろう。タブレットはすばらしいことになるだろう」

Appleタブレットは出版業界を救えない――アナリスト

「タブレットは銀の弾丸(訳注:魔物を倒せる武器。転じて「万能な解決策」という意味で用いられる)ではない。青銅の弾丸だ。それに、出版業界にはこの弾丸が詰まった大きなM16小銃が必要だ」と米コンサルティング会社Magid Advisorsの社長でアナリストのマイク・ボーハウス氏は言う。