Apple、「広告付き無料OS」を可能にする特許を出願という記事より。

米Appleが、OSに広告を組み込む技術の特許を出願したことが明らかになった。

Appleが、OSに広告を組み込む技術の特許を申請していたことが明らかになっています。「OS内の広告」というタイトルで、2008年4月に出願されていたそう。

Appleはこの技術について「OSが映像または音声の広告をユーザーに提示し、広告が提示されている間、機能を無効にする」と説明している。

広告が表示されている間は機能が使えないということで、仕事で使うにはあり得ない話の気がしますが、それでも良いという人もいるでしょうからね。

この技術はユーザーに広告を提示する際、ユーザーが広告を見たかどうかを確認するためのボタンも表示する。ユーザーがこのボタンをクリックすると、無効化されていた機能が再び有効になる。

「ユーザーに広告付きの無料(割引)製品を提供するアプローチの一環」とAppleでは説明しているということです。

特許を出願しただけで、実際に広告付きのOSが出るかどうかというと、それはまた別の話です。なんでもかんでも無料が良いという人には、商品は売れないでしょうしね。