スポンサードリンク

「iFrame」Appleが開発した新しい動画形式

スポンサードリンク

アップル、新動画形式「iFrame」を発表--「iMovie」アップデート版で対応という記事より。

米国時間10月13日にリリースされた「iMovie」のアップデートでは、同社が開発を進めている最新のビデオフォーマットが公開された。

スポンサードリンク

Appleが「iFrame」というビデオフォーマットを、10月13日にリリースした「iMovie」のアップデートで公開しています。

「iFrame」はH.264ビデオやAACオーディオをベースにして、画質は維持したまま、従来よりもファイルサイズが大幅に小さくなるそうです。

10月13日にリリースされた「iMovie 8.0.5」は、iFrameビデオフォーマットを採用するビデオカメラとの互換性が追加されている。iFrameをサポートしているカメラは現在、三洋電機の「VPC-HD2000A」と「VPC-FH1A」の2機種のみだ。

まだ対応製品は少ないですが、今後は増えていくのでしょうか。「他のビデオカメラメーカーがこのフォーマットを採用するのかどうかについて公表していない」と記事。

ファイルサイズが小さくなれば、例えば「iPhone」からYouTubeに動画をアップロードするのも簡単になりますね。

それにしても、高画質を維持したままファイルサイズを小さくする技術、というのはどういうものなのでしょうねぇ。すごいです。

スポンサードリンク

前へ

iPhoneで撮影したサッカー、アルゼンチン v.s. ペルー戦の写真集

次へ

「EOS Kiss X3」レンズキットがAmazonで実質58,000円に