グーグルのシュミットCEO、アップル取締役を辞任という記事より。

予想されていた展開ではあったが、Appleは米国時間8月3日、Googleの最高経営責任者(CEO)であるEric Schmidt氏が、Appleの取締役を辞任すると発表した。

Googleが携帯電話のOSを作ったり、OSを作ったり、ウェブブラウザを作ったりしているのですから、Googleエリック・シュミットCEOがApple取締役を辞任するのも当然‥‥というお話ですね。

Steve Jobs氏は以下のようにコメントしています。

「これまでSchmidt氏はAppleの取締役として、多くの貴重な時間、才能、情熱、知恵を注ぎ込み、Appleを成功に導く上ですばらしい役割を果たしてくれた。とはいえ、残念なことに、以前はAndroidの発表により、そして最近ではChrome OSの発表によって、GoogleがAppleの中核事業の領域に進出してくるのを受けて、利害対立を招く可能性からも、Schmidt氏が取締役会でますます多くの議論を避けることが求められるようになり、Appleの取締役としての活動が著しく制限されるのは明白である。それゆえに、われわれは互いに話し合いを持ち、いまやSchmidt氏がAppleの取締役を辞任するべき時が来たとの結論に至った」

エリック・シュミット氏は2006年8月から、Apple取締役を努めてきました。

Googleの現在位置情報などを共有するサービス「Latitude」も、インストールベースではなく、ウェブベースのアプリに制限される扱いを受けてきており、「Google Voice」アプリケーションもAppleとしては完全に排除する決定が下された。

利用者としては選択肢が増えるのは良いことですし、その選択肢同士が競争するのも良いことです。

■関連記事

エリック・シュミット、Appleの取締役を辞任―Appleのもっとも危険な敵はGoogleだった

Appleのモバイル戦略とGoogleのモバイル戦略の間でSchmidtに選択の余地はなかった。Googleの戦略を推し進めるのは彼の経営者としての責務だ。そして両者の対立は今後ますますエスカレートしていくだろう。