S・ジョブズ氏、6月にアップルに復帰へ--WSJ報道という記事より。

Steve Jobs氏は、6カ月間の療養休暇をへて、6月にAppleの経営に復帰するという。The Wall Street Journal(WSJ)が、匿名の人物からの情報として報じた。

激やせして体調が心配され、休養していたスティーブ・ジョブズが、いよいよ6月にAppleの経営に復帰する、というニュースが伝えられたようです。

54歳のJobs氏は、2008年6月のWWDCに大幅に体重の減った姿で登場して以来、その健康に関してさまざまな憶測が飛び交っている。当時Appleは、同氏の健康はプライベートな問題であると主張していたが、2009年1月初旬、Jobs氏の体が特定のたんぱく質を吸収できず、ホルモンバランスに異常をきたしていることを明らかにした。

がん再発が心配されたのですが、そうではなくホルモンバランスに異常を来たし、たんぱく質を消化できずに激やせしていたようです。

今夜、日本時間では6月9日未明になりますが、アメリカでは開発者向け会議「WWDC」が開幕します。

と考えると、そこにスティーブ・ジョブズが登場する、というのも十分に考えられるシナリオではないでしょうか。

スティーブ・ジョブズの流儀 (ハードカバー)

4270004215

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力 (単行本(ソフトカバー))

4534045476

■関連エントリー

スティーブ・ジョブズ、ガンの摘出手術
スティーブ・ジョブズの体調が心配だ
スティーブ・ジョブズ、激やせの原因はウイルス感染
Steve Jobs、健康不安説を打ち消す
スティーブ・ジョブズ、やはり体調が悪かった
スティーブ・ジョブズ、6月末まで療養休暇と発表