アップルのCOO、Macネットブック“構想”の存在を示唆という記事より。

サコナギ氏によると、クック氏は、iPhoneの価格改定、新しいスマートフォン・ハンドセットの提供計画とともに、ネットブックについていくつかの“構想”が存在することを示唆したという。

な、なんだってー!

あれだけ頑なに「ネットブックはない」と言っていたAppleなのに、なんとネットブック構想が!?

Apple COOのTim Cookがアナリストとの会談で、いくつかのネットブック“構想”が存在することを明らかにしたと伝えられています。

「クック氏は、ジョブス氏の休職に伴い、より多くの時間を費やして、新製品について検討したり、新しい市場にiPhoneを投入する手だてを考えたり、iPhoneのビジネス・モデルを検討したりするようになっていると述べた」

と思って記事を読んでみたのですが、そのあたりのことは詳しく触れられていませんね。

「iLife」アプリケーションがきちんと動作しないとMacとしてはよろしくない、というのがネットブックにAppleが進出しない理由の一つとして挙げられるのですが、例えばウェブアプリのような形でiPhotoが使えるようになったりしたらどうなんでしょうね。

MobileMeの写真フォルダに入れておいたら、自動的にオンラインにアップロードして、Flickrみたいに閲覧したり編集できるようになったりするとか。

あとはiTunesが動けば、ネットブックを使いたいような層には十分なような気もしますし、動画や音楽の編集はしないとか、そういう機能制限のようなものはあっても良いのかな、と思いますが。

低価格で購入のハードルを下げておいて、もっといろいろやりたくなった人にはそういう製品もありますよ。とやるのも、戦略としてはありのような気がします。個人的な妄想です。