アイフォーン好調!米アップル大幅増収増益という記事より。

米電子機器大手、アップルが21日発表した2008年7―9月期決算は、パソコン「マッキントッシュ」や携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の好調で、売上高は前年同期比27%増の78億9500万ドル(約7895億円)、純利益は26%増の11億3600万ドルと大幅増収増益となった。

Appleが2008年7月から9月期の決算を発表しました。Macや「iPhone」の販売が好調で、売上高は前年同期比27%増の78億9,500万ドル(約7,895億円)、純利益は26%増の11億3,600万ドルを記録しています。

パソコンは21%増の261万1000台を出荷。世界規模で販売を本格化させたアイフォーンの売り上げは、米国だけだった昨年の6倍超の689万2000台に達した。

「iPhone」は現在、世界中で約700万台ということなのですね。単一の携帯電話のプラットフォームとして考えた場合、どうなのでしょうか。まだまだ、数は伸びていくとは思いますが。

日本では「苦戦」が報じられる「iPhone」も、世界的にみると好調ということで、日本でもここから巻き返しが始まっていくかもしれませんね。

伸びが鈍化しつつあるとされる「iPod」も、出荷台数では8%増を確保し、1,105万2,000台を販売しています。

■関連記事

米マックは7~9月期増収増益

景気減速傾向が鮮明となっている米国でも低価格を武器に売上高を4・7%伸ばしたほか、欧州は8・2%増、アジア・太平洋などの地域でも中国などの成長で7・8%のプラス。営業利益は米国が9%、欧州は23%、アジア・太平洋などは28%の大幅増となった。

米アップル大幅増収増益

スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は米景気減速の影響について「顧客がパソコンなどの購入を先送りすることはあるだろう」と懸念を示した。