アップル、省電力チップ設計会社P.A. Semiを2億7800万ドルで買収--米報道という記事より。

伝えられるところによるとAppleとしては珍しく買収を実施し、低電力チップ設計会社のP.A. Semiを四半期(1-3月期)の決算発表の前日に取得した。

何を目的としているのかは定かではないのですが、Jobsが仕切って買収交渉が進められたと伝えられています。

「iPhone」への搭載も考えられますが、ARM命令セットに基づいたサムスン電子製であるのに対し「P.A. Semi」はIBMのPowerアーキテクチャです。

Powerアーキテクチャといえば、Intelの前に採用していましたね。

ということで、乗り換えがあるすればIntelの「Atom」のような気もしますが、

その目的はP.A. Semiの「PWRficient」プロセッサをiPhoneと将来の「iPod」の心臓部に採用することである

とも伝えられているそうです。

省電力チップを設計する能力ということであれば、Appleにとってはプラスになる気がしますが、果たしてどのような相乗効果を生むのでしょうか。