アップルのフラッシュメモリ消費、総出荷量の25%に--DRAMeXchange調査という記事より。

Appleの「iPod」および「iPhone」用フラッシュメモリが、2007年第3四半期に世界のフラッシュメモリ総出荷量の25%に達する見込みである。

一企業のフラッシュメモリ消費量が、なんと世界の総出荷量の25%に達する見込みがあるという、すごい話です。

「iPod」「iPhone」用ということで、それだけ売れているのですね‥‥。

AppleのMP3プレーヤー市場におけるシェアを考えると同社は、将来的に必要になるメモリを全量確保するため、フラッシュメーカー(とくにサムスン電子)との取り引きを進めると見られる。

Appleがフラッシュメモリをかき集めることで、「メモリが不足する可能性もある」と懸念されています。

Apple Store(Japan)