962-070619 MacOS Xの言語モードというエントリーより。

アップル社内で製品を改善する優先順位は、おおむねユーザーからのフィードバックの多寡によって決定されるそうです。

「GR DIGITAL」や「Caplio GX100」の写真が素敵で読み始めたブログ「shiology」で、Appleに対するフィードバックの話が書かれていました。

曰く、

・日本からのフィードバックは他国と比べて極端に少ない
・製品改善の優先順位は概ねフィードバックの多寡で決まる

ということで、つまりApple製品について何かを思ったときは、そのままにせずにフィードバックした方がみんなのため、そして自分のためになるようです。

従って、何か問題に気付いたら、きちんとアップルにフィードバックを返すことがとても大切。そういう声が集まれば、アップルもきっと動いてくれるはず。

「誰かがフィードバックしてくれるだろう」と思ってそのままにしてきたことの、なんと多いことか。「誰か」だけじゃダメなんですね。自分も一歩、踏み出すことが大事。

全く同じ日に「nobilog2」でも「本質に迫る」というエントリーが。

こちらでも同様のことが書かれていました。

文句、苦情を言うのではなく、直して欲しいというポジティブな要望を短くてもいいので、たくさん(1人でたくさんではなく、大勢で1通づつ)出して行けば、問題解決が早まるかもしれない。

声を出すことが、Appleの製品を良くし、自分の環境も良くしていくことに繋がるという訳ですね。